出産の為の里帰り

出産する時に、妊婦さんが、自分の実家へ戻って出産することを里帰り出産といいます。

里帰り出産は、どのように進めていけばいいのでしょうか?

まず、里帰り出産をすると決めたら、出産する病院を早めに決め連絡を入れておきましょう。
最近は、産婦人科が少なくなってきて、分娩の予約などもすぐにいっぱいになってしまう病院も多いです。

また、現在定期健診を受けている病院にも、里帰り出産の意思を伝えておきましょう。
こちらの病院の分娩予約状況にも影響してくるからです。

里帰りは1ヶ月前くらいするのが基本的ですね。
36週で、初めて出産する病院で検診を受けるのもいいですが、安定期にはいったら、経過状況など1度見てもらうのもいいかもしれませんね。

そして、里帰りの準備は5〜8ヶ月にすませておきましょう。
お腹が大きくなってくると、準備をするのも大変になってきますね。

里帰り中に必要なものや赤ちゃん用品は、実家に送っておくといいでしょう。
もしくわ、実家に帰った時などに、親御さんなどと一緒に買っておくのもいいと思います。
実家の方においておけば、里帰りの荷物も減りますね。

あとは、夫が困らないよう留守中のことをよく相談しておくことが大切だと思います。
食事や洗濯・掃除など、この時ばかりは、少し頑張ってもらいましょう。

里帰りの時期や交通手段については、妊娠の経過や体調などもあるので、医師のアドバイスに従いましょう。
また、里帰り後はなるべく早めに出産する病院を受診しておいたほうがいいでしょう。

商品説明:1着1着丁寧にお名入れするベビーウェアです。 出産祝いや初節句のお祝いにどうぞ。 ■サイズ:80cm(4,5ヶ月〜1歳半くらい) ■材質:パイル綿100% ■カラー:ピンク(うさぎ)・ブルー(くま) スペリングでお悩みの方は、 こちらのローマ字対応表をご参考にどうぞ
さらに詳しい情報はコチラ



★ 出産関連商品はこちら ★

| 出産

出産時にかかる費用

子供を出産する為には、どのくらいお金がかかるのでしょうか?
初めて妊娠した方などは、これらか、どのくらいのお金がかかってしまうのか心配してしまうと思います。

出産までに必要な費用は、主に定期健診にかかる費用だと思われます。

妊娠・出産は病気ではないので、健康保険が適用されないことは、ご存知の方は多いと思います。
その為、定期検診は自己負担となります。

例えば、1回の診察料は5千〜1万前後として計算してみましょう。
これを考えると、出産までにはかなりの額がかかることになります。

何回かの検診費用を負担してくれるなど、自治体によって様々ですが、費用を負担してくれるところも増えてきています。
病院の方からも、教えてくれるとは思いますが、あらかじめ自治体の方に確認しておくといいですね。

また、検診費用や産院への交通費は、確定申告の医療費控除の対象となっているようです。
その為、領収書は捨てずに、保管しておきましょう。

定期健診が終われば、あとは、出産する時にかかるお金ですね。
これは主に、分娩・入院費用となります。
こちらも、健康保険の適用外になるので注意してください。

病院によって分娩・入院費用は変わってきますが、基本的には全部で35万円前後と考えたほうがいいでしょう。

産後に申請すれば、「出産育児一時金」がもらえます。
自治体により、プラスアルファされるところもありますが、今は35万円となっています。

商品説明:319件突破〜っ! まるでフリルのよう!カーネーションの花びらが魅力的♪母の日だけじゃなく、かわいいアレンジ♪お試しにもぴったりの、スターターキット的な人気商品!■ビジネスに大人気■ ★旧レビューを見る(たくさんのご感想ありがとうございます!) ● 商 品 説 明 ●  商品名  「Happy ! カーネーション」プリザーブドフラワーアレンジメント
さらに詳しい情報はコチラ



★ 出産関連商品はこちら ★

| 出産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。